おやすみたのしく

アラフォー夫婦暮らし専業主婦の日々の些事。

♯キュンタ大作戦2018、始まってるよー!

f:id:lezione:20180709161500j:plain

 今年のキュンタも可愛いねぇ。「カドフェス」「ナツイチ」「新潮文庫の100冊」の小冊子をもらい

家でゆっくり吟味して今年の夏にふさわしい文庫を選ぼうかと思っていたのだけどもキュンタの可愛らしさに

やられ、何はさて置き新潮社から1冊お持ち帰りしてしまいました。浮き輪から覗くキュンタ、可愛いなぁ。

 

普段から読んでいる作家のものは既読で選べないから、自然と読まず嫌いの作家に目が向く夏の文庫フェア、

今年もいい出会いがあるといいなー。ナツイチのエッセイ、カドフェスの名作、色々気になるなる。

新潮社のHPを覗いてみたら江國香織トークショーとか楽しいイベントがちょいちょい開催されているようで、

情報を取りに行くのを疎かにしていると、ダメですねぇ。定期的に覗きに行きませんと。

 


100 QUNTA Movies! 「ホロリ」篇

www.shinchosha.co.jp

漢検頑張る宣言の巻

f:id:lezione:20180705172541j:plain

放置していた漢検の勉強を今日から再開。

前回の準一級ではダラダラと問題集を解いて数年かかりましたが

今回はきちんと一字一字さらって、同じく数年かかるとは思いますが、漢字と向き合いながら習得したいです。

知らぬ間に漢字ペディアという漢字辞典的なサイトができており、デザイン、使い勝手共に気に入りましたので、

そこを使った勉強法も取り入れて漢検一級合格目指して頑張ります。多分途中で何回か折れるけども。ね。

 

漢検を基盤に他のものにも手を出して、少しずついろんな知識を高めていけたら

数年後にはだいぶ今欲しいものが手に入って、また次の大きな目標が見えてきて面白いことになる気がする。

今日は仏検4級の合格発表があり、無事合格していました。ウェーイ!ご褒美にケーキ食べようかなぁ。

また秋に3級合格できますよう、頑張りますます!

 

www.kanjipedia.jp

 

瑞々しい果物が全てを許させてくれるのである。

願っていない方の悩み

子宮筋腫の治療をしていることをあまり親族に知られたくないのですが

ついさっきまで明るく話していた私が急に涙を流しながら横になっている姿を見て

どうやら夫はひどく動揺したらしく、私が眠っている間に義父に電話をして状況を話してしまい

(義父は医者であるが産婦人科医ではない)それを電話口の横にいた義母にも知られてしまい、

本日義母より大量の果物と手紙が届き、どう返信したらいいのかとただいま悩んでいる。

 

義父からセカンドオピニオンを勧められた夫は、他の病院にも行こうと言うが、

私がしたいことはそんなんじゃないんだよね。そもそも、私の日頃の状況はなんとなくは

伝えていたじゃないか、と言いたくなる。なぜ急に慌ててしまうの。

これまで主治医に言われたことを伝えてきたのに全く耳に届いてなかったんだなぁ。

私の主治医を、主治医を選んだ私を信じ、私が伝えてきたことを反芻することができたのなら

私が眠っている間に義父に助けを求めることなんてしなかったと思うんだよなぁ。

でもきっとそれは男である所以なんだろうなぁ。ということで許す。 

 

義母の行動においてこれから危惧されることは、実母に私の状況が伝わることと

(実母に病名は告げてあるがうつ病の実父の世話に精一杯なので状況は伝えていない。)

義母が心配を抑えきれず熊本から様子を見に出てくること。

これらを阻止するために私は手紙の返信で何を伝え何を伝えないようにすればいいのだろうか、悩ましい。 

とりあえず送られてきた桃と巨峰がとても美味しい。そのことは漏れなく伝えよう。

そうしたら追加が来るかもしれない。ははは。

 

願っている方の悩み 

病気の期間というのは最も危機意識が強くて、吸収率が高く、何かを勉強するのに適した時期だと思う。

ということで今までやり散らかしてきた諸々の勉強に、再度手を出すべきまたとない好機。

何に手を出し何には出さないという取捨選択に今、にやけながら悩んでいます。

 

 

京都に思いを馳せる夜。

f:id:lezione:20180702211855j:plain

7月に入りましたね。7月といえば京都は祇園祭。この祇園祭の1ヶ月が最も京都へ帰りたくなる時期です。

過去の写真を見漁っていたら、京都に住んでいた頃の部屋のベランダから撮った写真が出てきて

何だかもう一気に気持ちが戻ってしまって、このところ全然思い出さず忘れてしまっていた

四条通りの雑然とした感じやら、藤井大丸のタベルトの曲だとか阪急烏丸駅のこの時期のモワッとした感じとか

いろんな記憶が次々と蘇ってきて、うわあああ帰りたいいいいい!

 

よく見たら写真の中に密かにヤサカタクシーが写っている。あぁこんなにもヤサカタクシーに対して

懐かしさを思うことがあるだなんて。京都では家から一歩外に出れば出くわさない方が難しいヤサカタクシーに

こんなにも恋い焦がれるだなんて。あぁ日常って本当に美しいものだったんだね。いや、それは美化しすぎか。

だって京都で原付に乗っていた頃は、タクシーと事故った場合は絶対に裁判で負けるから当たらないように

注意するよう聞いていて、タクシーは要注意乗り物として認識していたはず。あ、MK限定だった気もしてきた。

というかMKという言葉が今スッと出てきたことに驚きました。久しぶり、MK。

 

帰りたくなると困るから、あまり思い出さないようにしてきたけれども

芋づる式に記憶が蘇ってくるのも今なら楽しめそうな気がする。というか思い出したい!

今年は歴検受けようかなぁ。今調べたら横浜会場もあるみたいだし、日にちの都合も良さそう。

ただその一週間前が仏検っていうのが気になるけども、まぁなんとかなるなる。 

 

あぁ長刀鉾のお囃子を聴く夜は本当にいい夜ですね。

是非皆様も長刀鉾祇園囃子保存会による祇園囃子全41分43秒を聴きながら

高雅な夜を過ごしてみませんか。お買い求めはぜひJEUGIAで。

そういえばPRONTO by JEUGIA(大丸の西側のとこ)で勉強するのが好きでよく利用してました。

勉強しながら行き詰まったら地下のトイレに行きがてらCDや本を物色できるっていうね、最高の場所でした。

なかでも階段が見えるカウンターの場所が一番おすすめです。幅が広くて使いやすかったはず。

 

それではおやすみなさい。良い夜を。

 

www.jeugia.co.jp

(ここで不定期に開催される「時々まなぼ」の一日だけのワークショップも楽しいです。)

 

 

香を焚こう。

f:id:lezione:20180628222006j:plain

薫玉堂がKITTEに支店を出したと聞いたので香を求めて行ってきました。

西本願寺では線香は横にするものだそうでせっかくなのでそこに従おうと

(薫玉堂は西本願寺前にある日本最古の御香調進所です。)

横の香立てを選びまして、やぁカックイイね!あ、いや横だから香立とは言わないのかな。

香炉も捨てがたかった。そのうち香炉も家にお招きしたい。脚のすらっとしたのがいい。

 

線香を部屋で焚いてみると思い出すのは京都の寺院や盆正月に訪れていた祖父母の家だった。

ゆったりと柔らかな曲線で揺らぐ煙はいくらでも飽きずにみることができ

甘い香りと煙が懐かしい静かな時間をもたらせてくれ、こんなにも気にいることになるとはね。いいねいいなぁ。

勉強し始めの時にも焚くようにしたらスムーズに集中モードになれるようになって大助かりしています。

一本が終わるまで、というような時間的使い方をしてストレッチなどして体を動かしてもいいなぁ。

回数や時計の針で区切るよりも、なんだかリラックスしてできそうだし。今日はそうしてみよう。

 

数年前から蚊取り線香を夏にベランダで使用するようになったけれども、香炉灰なんて物を扱うのは初めてで

道具ひとつひとつが新鮮ですぐにでも全部揃えてしまいたい欲求がありますが丁寧にやっていきたいと思う。

とりあえず灰かきが欲しい。灰かき、なんだか枯山水みたいだね。

 

誰だい?英検3級は履歴書に書いてもしょうがないほどのレベルだなんて言ったのは。

仏検もいいけれどもそろそろ英語に真剣に取り組むときがきたのではないだろうか。

ということでTOEICの参考書を探しに書店に行くがどの参考書もパラパラと捲ってそっ閉じ。

む ず す ぎ な い ?てことで英検のコーナーへ。パラパラと様子見。

英検3級ぐらいからなら出来そうなのではないかと自信を持ち家に帰って過去問を印刷。

英検のサイトで過去問を過去3回分紹介してくれてるのですよ、優しいなぁ英検。

印刷しながらこのレベルならいけるわーと安堵。次の試験日までだいぶ日数があるのを知り

あまりに日数が余裕あるから間に違う試験やろうかなーなんて思って試験内容きちんと確かめたら

3級にスピーキングテストがあるんですね。スピーキングテスト。うん、無理な気がする。

てことで4級からにしようかと4級の内容を確認したら4級にもスピーキングテスト。

しかも渡された問題用紙の会話をスピーキングするだけじゃなくて問題と関係ないことまで

聞かれてその場でスピーキングするらしい。ひーーー。

 

「中学高校と英語を学んだ時期があったくせにこの程度しか話せないなんて恥ずかしい」

という考えが自分の中にあることで、人と英語を話す機会を出来るだけ少なくしたい、

けれども英語を話せるようになりたい、つまり英語を自信を持って話せるようになったら人前で話したい、

となっているのですがそもそも話さないと上手にならないっていう話なわけでスピーキングテスト有りの

英検に挑戦することで今後私にとって英語がどうなって行くのかが決まるような気がしたりしなかったり。

 

人の往来が激しい横浜駅付近で居心地のいい場所。

f:id:lezione:20180623054937j:plain

横浜駅付近で気にいるカフェと出会えた。

ルミネ3Fの24/7 coffee&roaster yokohama。ここ最高。

コーヒーは美味しいしケーキとフルーツがセットになったデザートがあるし

何より空いている。激空き!この日も長テーブルを独り占め!キャホーイ!

下の階にあるスタバなんていつも激混みですからね、なぜにみんな上がって

ここにこないのかが疑問でしかない。しかもこっちの方がコーヒー美味しいのに。

 

売り場との境の壁がないオープン形式なのが問題なのだろうか。

確かにこういう形式のカフェを警戒する人が多いのはわかるけども

一度入って休んでみればオープン形式ならではの気軽さを気に入ってもらえるかと思うのになぁ。

4席分毎に3冊ずつ長テーブルの上に本が置かれていてこういうところも好き。

この日は皆川明さんの「今日のまかない」を選んで読んだ。

ミナペルホネン好きとしては、この本が置かれていることも店の特典として高い。

この日は帰り道にピンクペッパーを買って本のレシピのポテトサラダを作った。

こういう、自分の行動に即影響を与えてくれる本は有難い。

 

洋服とか雑貨とかの買い物をしている間って、ホクホクとした高揚感があるのですが

ふらっと入っていい休憩、いいコーヒーを楽しんで、高揚感を持続したまま買い物に戻れるのって本当にいい。

こうした場所の有り難さを感じる=体力が衰えていることでもあると思うのですが

若き体力のある頃には知らなかった、「休憩を楽しむ」を知ることもまたアラフォーの

いいところとして、今後も更なる居心地のいい場所に出会いたい。